夕焼け空には笑顔が似合う【スタッフ・ガイヘル日記】

2018-11-26

夕焼け空が美しいある日のこと・・・
平日の夕方にみんなでボウリング大会
それぞれに仕事を終えたご利用者のみなさん
アフターファイブにボウリングでリフレッシュします

その中に、初めてボウリング大会に参加するご利用者がいました。
ご家庭の事情がきっかけで、最近こげらのガイドを利用し始めた方です。
実はこのご利用者とは、以前の勤め先で関わっていたことがあります。
作業所からご自宅に送る1時間ほどの支援に数年あたっていました。
なので、こげらに入職したあとも気掛かりな存在ではあったのです

別件で作業所に訪れて、お見掛けした折には、
「〇〇さんお疲れ様でした、さようなら」と声掛けしていましたが、
コミュニケーションは一方通行でした・・・

この日、男性ヘルパーとボウリング場にいらしたのですが、
オロオロとちょっと緊張した面持ちで両手のこぶしを固く握りしめ、
まるで就職の面接でも受けるかのような様子で席に座りました。
シャイな方なので、見知らぬ人に囲まれて緊張するのも無理ありません。

みなさんの支度が済み、いよいよボウリングスタートです。
元気一杯な女の子がトップバッター、続いて2番目に投球しました。
するとどうでしょう、球はレーンのセンターピンめがけて一直線
ドミノのようにピンは倒れ、なんといきなりのストライク!

投球するやいなやレーンに背をむけていたのですが、
ほかのみんなの驚喜の声で、自分がストレイクを取ったことに気付いた様子。
はじめはキョトンとした表情でしたが、ヘルパーさんらとハイタッチ!
すると、次第に顔がほころんでいきました。

ミラクルはこれだけでは終わりません。
続いての投球でも連続のストライク。
初参加のご利用者の妙技に再び大歓声が上がり、またもハイタッチの嵐。
ご利用者も余程嬉しかったのか楽しいのか、ニヤニヤが止まりません。

1ゲームが終る頃には、自ら両手を上げてハイタッチするようになり、
積極的にみんなと喜びを分かちあう様子も見られました。
前職で出逢ってから数年のお付き合いがありましたが、
この日ほどの彼のスマイルを私は見たことがありませんでした。
私はとてもあたたかな気持ちになりました。

常連メンバーが多いなか、ポツンと寂しくならないように心を配って、
みんなの輪に巻き込んでくれたヘルパーさんたちにも感謝です。
こうした経験がこのご利用者に限らず沢山の人々の日常生活、
そしてその人生を豊かにすることを実感するには十分な一日でした。(kelly)

リンク

こげら会 名前の由来
働いている人の声
お問い合わせ・アクセス
採用情報・募集職種

MENU

移動支援/行動援護/ショートステイ
相談支援
放課後等デイサービス
グループホーム
高齢者向けサービス
ガイドヘルパー養成講座
行動援護従事者養成研修
採用情報(新卒/中途/パートタイム職員)