養成講座のご紹介


ガイドヘルパー養成講座

~ガイドヘルパーとは?~

障がい者福祉のサービス事業で知的障がい児・者の余暇での外出に付き添い、必要な支援を行うヘルパーです。
一緒に、プールやカラオケ、水族館、映画館などにお出掛けします。天気の良い日にはハイキングや公園の散策などを楽しむことができます。

1.特色

  • 実際にガイドヘルパーとして働いている職員が、利用者の方をいかに支援させて頂くか、支援の実際を生々しく語ります。
    ※ ケアこげらの外出支援稼働時間は、2017年実績月平均で約3800時間。させていただいております。
  • 演習教材は、主たる介護者(多くは母親)に参加いただき、その場で専門家と質疑応答いただいて作成したものです。
  • 3日間で障がい福祉の制度や、知的障がいの基礎を学び、実際の支援を想定したディスカッションも行います。その中で、障がいを持った方と関わる為の基本的な心構えやスタンスから障がいの特性まで学べます。

2.対象

  • ガイドヘルパー資格取得し従事者を目指す方
  • これから知的障がい児・者と関わりを持っていかれる方。知的障がい、自閉症、発達障がいについて学びたい方

3.費用

3日間12,000円 学生3,000円



知的障がい移動支援従業者の要件(①、②のいずれか満たすもの)

① ガイドヘルパー養成研修を修了した者
② 居宅介護従業者養成研修(ホームヘルパー)3級以上修了者、または介護職員初任者研修以上終了

知的障がい児・者登録ヘルパー募集中

大学生から主婦・フリーターの方はもちろん、兼業で土日祝日のみ週1・月1~2回でガイドヘルパーのお仕事をされている方もいらっしゃいます。
最近では現役を引退されたシニアの方も大変活躍されています!!
知的障がいのある方の外出や社会参加にあなたの力を貸してくれませんか。

(宿直スタッフ・放課後等デイスタッフも同時募集中)


行動援護従事者養成研修

~行動障がいは作られる・行動障がいを克服する~

1.特色

  • 実際に行動援護の支援に入っている職員が、利用者の行動障がいの状態を述べ、支援の実際を生々しく語ります。 ケアこげらの外出支援稼働時間は、2018年月平均で3,800時間。 うち、行動援護は1,200時間。
  • 演習教材は、主たる介護者(多くは母親)に参加いただき、その場で専門家と質疑応答いただいて作成したものです。
  • 豊富な演習教材とVTRも使用するのでわかりやすい講座となっています。

2.対象

  • 行動援護ヘルパー資格取得を目指す方
  • 行動障がいを持つ子ども等への対応に苦慮されている家族
  • 行動障がいを持つ利用者の支援者

3.費用

3日間24,000円 学生12,000円

行動援護従業者の要件(①、②のいずれも満たすもの)

①行動援護従事者養成研修を修了した者

②知的障がい者、精神障がい者又は障がい児の直接支援業務に1年以上従事した者
(平成33年3月31日までの経過措置)
直接支援業務に2年以上従事した者で、以下の資格を持つ者

  • 介護福祉士
  • 介護職員基礎研修修了者
  • 居宅介護従業者養成研修(ホームヘルパー)1級修了者
  • 居宅介護従業者養成研修(ホームヘルパー)2級修了者
出張・出前研修会うけたまわります

ガイドヘルプってどんなものなの?ガイドヘルパーってどんな仕事?


基本的な実務や意義、そしてその楽しさとやりがいをお伝えします。
また、本格的にガイドヘルパー養成講座をやりたいという法人様がいらっしゃいましたら、 そのご相談にも対応させていただきます。 全国にガイドヘルプをもっと広めていきたいという思いがありますので、 お気軽にこげら会までお問い合わせください。(担当者:森川)


お知らせ

採用情報・募集職種についてはこちら

リンク

こげら会 名前の由来
働いている人の声
お問い合わせ・アクセス
採用情報・募集職種

MENU

移動支援/行動援護/ショートステイ
相談支援
放課後等デイサービス
グループホーム
高齢者向けサービス
ガイドヘルパー養成講座
行動援護従事者養成研修
採用情報(新卒/中途/パートタイム職員)