23年ぶりのディズニーランド【スタッフ・ガイヘル日記】

2019-06-17

30代後半の男性ご利用者。
1年前からケアこげらの移動支援を使い始めた方です。
1年前に移動支援を始めた時に・・・
『ヘルパーとのお出かけがスムーズに出来るようになったら、
移動支援でディズニーランドに行く』という目標をたてました。

この1年、月に1〜2回のペースで色々な場所にお出かけしました。
よみうりランド、スーパー銭湯、カラオケ、プール、東京メトロスタンプラリー・・・
ヘルパーたちと、いろいろな場所へ行きました。
そしてこの度、待望のディズニーランドのガイドが実現しました。

朝9時にご自宅に迎えに行くと、待ちきれない様子。
・・・凄く楽しみにされているのが伝わってきました。
道中の電車の中でも興奮気味で、持参されたディズニーの本を指さし、
『これを見る』、『これに乗る』など、何度も訴えてこられました。

ディズニーランドに到着後、まずはシンデレラ城へ。
持参したスマホで写真を撮りまくり、もの凄く笑顔を弾けさせていました。
その後、一番楽しみにされていた『カントリーベアシアター』へ。
ご本人は、さらにノリノリで楽しんでいました。

カントリーベア後に昼食をとり、本格的にアトラクション巡りをしました。

『ビッグサンダーマウンテン』、『魅惑のチキルーム』
『ミッキーのフィルハーマジック』、『ロジャーラビット』
『イッツ・ア・スモールワールド』、『ホーンテッドマンション』
『白雪姫』、『ピノキオ』、『スターツアーズ』、『スペースマウンテン』
いずれも存分に楽しんでいました。

そして最後に、今回の最大の目的である
19時30分からの『エレクトリカルパレード・ドリームライツ』
朝から遊びまわってましたが、疲れ知らずといった感じで、
散々はしゃいで、大いに楽しんでいました。

パレード後に帰路に・・・
帰りの電車内でも興奮冷めやらず、パンフレットを指差しながら
『これに乗った』、『これを見た』という感じで私に懸命に伝えてきました。

結局、ご自宅に到着したのは21時50分
ご利用者のすごく楽しんでいる姿を見られたことが、私自身すごく嬉しく
13時間程のガイドでしたが、不思議と疲れを感じることはありませんでした。
(kazz)

リンク

こげら会 名前の由来
働いている人の声
お問い合わせ・アクセス
採用情報・募集職種

MENU

移動支援/行動援護/ショートステイ
相談支援
放課後等デイサービス
グループホーム
高齢者向けサービス
ガイドヘルパー養成講座
行動援護従事者養成研修
採用情報(新卒/中途/パートタイム職員)