毎日イキイキ元気生活【スタッフ・ガイヘル日記】

2020-02-03

私の住まいは特別支援学校のすぐそばにあります。
学校の近くには作業所や事業所も点在しておりますので、
自転車での通勤時はもちろんのこと、休日であっても
ケアこげらのご利用者たちとすれ違うことは日常茶飯事です。

ご家族に叱られたのか拗ねた表情をしてご家族の後ろを歩いていたり
寝癖をつけたままボーっとした眠気眼で歩いていたり
ニコニコしながら通勤通学している方は、正直あまり見かけません・・・
福祉に身をおく者としては、毎日イキイキ!を願うばかりですが、
残念ながら現実にはそうはいかないようです。

浮かない顔のご利用者を見た私は彼・彼女に声をかけるわけではなく、
心のなかで「〇〇さん、今日もがんばって!笑顔よ笑顔!」と囁きます。
もちろんご利用者さんの方が私に気付き挨拶してくれた時には、
ご利用者の名前を全力で呼んで元気に応えます。

そんな日常の中での出来事
普段お見かけする割と無表情なご利用者さんが、
その日はこげらの泊まり明けでヘルパーさんと作業所へ歩いていたのですが
すれ違い様にみた表情はとても晴れやかでにこやかでした。

それで思い返してみたのですが、こげらの支援者と一緒にいるご利用者さんは、
すれ違い様の一瞬の表情をみる限り、何となく穏やかだなと思いました。
自画自賛といいますか、おこがましいようで恐縮ですが、
それほどお泊りやガイドでヘルパーがご利用者と良好な関係性を築き、
ご利用者も一緒の時間をリラックスして過ごしているということでしょう。

同じ時間のいつもと同じ道でも、一緒に歩む人が違えば特別なものになる。
日常を特別なものにすることができる仕事・・・
それって凄いことじゃないかと思いました。

もしもケアこげらのヘルパーが毎日送迎するようになったら
ひょっとしたら飽きてしまうのかもしれませんが、
夢のような「毎日イキイキ元気生活」を実現できる可能性も秘めている・・・!
そんな理想に近付きたいなと想いながら、皆の通勤通学を見守りつつ
自転車で風をきって仕事・支援にむかう毎日です。(kelly)

リンク

こげら会 名前の由来
働いている人の声
お問い合わせ・アクセス
採用情報・募集職種

MENU

移動支援/行動援護/ショートステイ
相談支援
放課後等デイサービス
グループホーム
ガイドヘルパー養成講座
行動援護従事者養成研修
採用情報(新卒/中途/パートタイム職員)