「障がい」とはなんでしょう【スタッフ・ガイヘル日記】

2021-02-15

新型コロナの感染者が増える中でも・・・
私たちはいつものようにガイドヘルプ続けていますが、その中で感じたことがあります。

あるご利用者は障がい特性により、喉に違和感があってよく咳き込みます。
本人も我慢した方が良いことを理解しているようで、
「喉痛い、(けど)大丈夫!」と伝えてくることがありますが、
それでも咳を抑えることはできません。

私は去年の夏から秋にかけて、このご利用者の支援に入りました。
ご利用者は食べることが好きで、スパゲッティやハンバーグが大好物です。
私は彼女を喜ばせようと色々なレストランに連れて行きましたが、
付近にいるお客が嫌な顔したり、「迷惑だからよしてくれ」と怒鳴られたりすることがありました。

また、店員が駆け付けてきて、
「風邪ではありませんか?」「周りの人に迷惑がかかりますので、咳はやめてください」
などと言われることもありました。
その度に私は「この方は障がいを持っていて、咳をするのは仕方ないことなんです」
と説明しますが、中々理解してもらえませんでした。

そのため最近はコンビニでテイクアウトをして、屋外で食べています。
レストランで出されるような美味しいものは食べられませんが、
それでも「美味しい!」と言ってくれるのでほっとします。
しかしやはり自由に好きなものを食べさせることができないことが心苦しく、
私はそのたびに胸が締め付けられるような気持になります。

また電車やバスの中で咳をしてしまったときには、周りの乗客が露骨に嫌な顔をします。
咳をする素振りを見せられたり、肘を突かれたりすることもありました。
「我慢しようね」と声をかけても咳を抑えるのは難しいのです。

常に周囲の人の顔色を伺わなけらばならない
他の乗客から距離を取って座らなければならない
など、細心の注意を払うようになりました。
バスや電車に乗るだけで、どうしてこんな思いをしなければならないのか?
私は辛い気持ちになって仕方ありませんでした。

まさしくこの状況はご利用者にとっての「障がい」だと思います。
罹患者が咳をすると病原菌が拡散し、周囲に感染を拡げる可能性がある・・・
そのことはよく分かります。
では、特性上どうしても咳が出てしまう人はどのように過ごせばいいのでしょうか?

また、知的障がいのある方の中にはマスクを着けていられない方が沢山います。
(※感覚過敏、マスクを着用する理由が理解できないなど様々な理由があります)
今はどこでこもマスクをつけないといけない状況になっていますが、
マスクを着けられない人はどのように過ごせばいいのでしょうか?

どうしても咳がでてしまう、マスクが付けられない・・・
理解してほしいのに理解してもらえない・・・
理解が進まないのであれば、早くこの状況が落ち着くことを願うばかりです。(sae)


こげら会公式Instagram

リンク

こげら会 名前の由来
働いている人の声
お問い合わせ・アクセス
採用情報・募集職種

MENU

移動支援/行動援護/ショートステイ
相談支援
放課後等デイサービス
グループホーム
ガイドヘルパー養成講座
行動援護従事者養成研修
採用情報(新卒/中途/パートタイム職員)