意思決定支援の実践【スタッフ・ガイヘル日記】

2021-04-26

「また行きたい」・・・ご利用者はそう言いました。
1年半ほど前に行ったアンパンマンミュージアム
無料で入れる広場で飛行船が降りてくるショーを見ました。
それが印象に残っていたらしく、久しぶりに訪れました。

前回行った際、2~3階の有料スペースには興味を示しませんでした。
お土産の購入が目的だったので、無料スペースの1階で過ごしました。

到着後、早速おみやげコーナーを色々と見て回りました。
多くの商品の中から、救急車のケースに入っているクッキーを選びました。
以前やっていた飛行船のショーはもうやっていなくて、
四国で走っているアンパンマンが描かれた電車の座席で写真を撮れるイベントでした。
写真を撮りたいかどうか確認してみると
ご利用者は「撮りたい」と言うので、列に並んで撮影、撮った写真も購入しました。

昼食場所はフードコートとレストランの二択、意向を確認します。
レストランのショーケースにあった、ステーキ&ハンバーグのセットを希望。
店頭の機械で予約をいれましたが、1時間待ちで、ものすごく待つことに・・・
フードコートやミュージアム以外の場所で食事することなども提案しましたが、
それでもレストランを強く希望するので、1時間待つことにしました。

館内で他に見て回るところもなく、ベンチに座って購入した写真を見たり、
ミュージアム内で集めたチラシなどを見たりしながら待ちました。
待ちきれずにイライラすることも一切なく、落ち着いて待つことができました。

時間になって席に座ると、決めていたステーキ&ハンバーグのセットを注文。
1時間待ったこともあり、食事が来ると勢いよく召し上がられていました。

食事後、(他に見るところもないので)カラオケを提案すると、
「行きたい」とのことだったので、電車で移動して1時間カラオケを楽しみました。

カラオケでは、忍たま乱太郎、アンパンマンなどのアニメ系と
スマップ、キンキキッズなどのジャニーズ系を一緒に歌って盛り上がりました。

帰宅、ご両親に本日のご様子を伝えたところ、
レストランを1時間も落ち着いて待てていたことに驚かれていました。
ご両親と外出するときには、待つのが苦手で全く落ち着かないそうです。

アンパンマンミュージアムで撮った写真に関しても、喜んでくださりました。
さっそく飾りますと仰ってました。
最後にカラオケも楽しめて、帰宅してもご利用者が嬉しそうにしていました。
その様子を見て、ご両親も喜んでおられました。

自分で考えた意思が伝わること、そしてそれが実現すること・・・
情緒の安定にはそれが最も大切なことなのだと、あらためて感じました。(kazz)


こげら会公式Instagram

リンク

こげら会 名前の由来
働いている人の声
お問い合わせ・アクセス
採用情報・募集職種

MENU

移動支援/行動援護/ショートステイ
相談支援
放課後等デイサービス
グループホーム
ガイドヘルパー養成講座
行動援護従事者養成研修
採用情報(新卒/中途/パートタイム職員)